生バンド カラオケ

カラオケはなぜ欠かせないのか

ユーミン・椎名林檎・中島みゆきの代表曲を生バンドで歌えるイベント

カラオケはもはやなくてはならないエンタテイメントの一つになりました。私も、家族も友達も、やらない人の方が少ないほど。

楽しいし、ストレス発散になるし、そもそも大きな声を出すのは健康に良いし、それからカラオケ自体が重要な社交場にもなっているし…

そもそもカラオケに行って、好きな歌を歌うこと自体が気持ち良いわけなんだけど、実はこれをさらに増幅させてくれる遊び方があるんですよね。

それは、生バンドをバックに歌うこと。生バンドがバックだから、カラオケとは呼ばないかもしれませんが…

バンド経験のある方は「そんなことはない。色々大変なんだぞ」と思われるかも知れませんが、そういう趣味で組むバンドとはまた違う良さが、歌のバックをやる生バンドにはあります。

生バンドは何が違うのか

特に、「歌が好き」「歌の伴奏が好き」と言う人が奏でる伴奏って、趣味で組んでるバンドの音とは違うことが多いです。

具体的には、

「歌や、歌ってる人の気持ちに寄り添って、抑えたり煽ったりしてくれる」

んですよ。

歌ってて、歌詞の情感や風景に気持ちが乗って来るでしょ?

カラオケ

あの感情の抑揚をそのまま音で膨らましてくれるんです。

だから、気持ち良かったり、歌詞に没頭して目頭熱くなったりするわけなんですね。

カラオケでももちろん没入して歌えばそういう風に味わうこともできなくはないのでしょうけど、生バンドって抑揚の差がやっぱりすごいのでつい気持ちが入り込んじゃう。

それに、人間が伴奏してくれてるので、少々の間違いは伴奏が合わせてくれて、間違ってなかったことにしてくれたり。

こういうのも嬉しいですよね。

ただまあ、こちらに寄り添ってあれこれしてくれるって言うのはどういうことかと言えば、技術と気を使ってくれているということに他なりません。

ということは、つまり?

2ページ目に続く

 

お探しものが見つからない場合はこちらもお試しください