生バンド カラオケ(2ページ目)

(この記事は、「生バンド カラオケ」の続きです)

伴奏の難しさ

でも、これ伴奏側の技術と経験が実はすごく必要なんだそうです。経験のある人どうしでそつなくやるだけの方がよほど簡単なんだとか。

そういう意味では、単独で歌ってるだけで合奏経験の浅い人をまじえて、全体のまとまった音になるように歌を包み込んでくれる伴奏の腕ってよく考えるとスゴイんですよね。

てなわけで、一度体験するとたいがいの人がはまってしまう生バンドのカラオケ。

よって、お値段が…

最近はこうしたサービスをするお店も徐々に出て来ていますが、本格的なものになればなるほどお値段が張ります(プロの演奏者使ってるので当たり前ですけど…)。

たとえば何千曲もレパートリーがあって選び放題、なんていう生バンドのカラオケ。そんなのあるの?と思われそうですが実際に新宿や銀座に行けばあります。

ただし、ミュージックチャージだけで一人5000円からなんてざらです。

さすがに気軽に遊べるお値段ではない。

もっと気軽に、生バンドで歌う体験を

そんな選び放題でなくていいので、もっと気軽に生バンドで歌う体験ができないか、この面白さをもっと伝えられないかと思って見つけたお店やイベントを紹介して行こうと思います。

たとえば所沢駅の東口にあるFULL HOUSE(フルハウス)。

もともとはギタリストのマスターが経営していたバーで、お客さんはマスターのギター伴奏で歌っていたんです。今はマスターは亡くなり、ピアノを弾くママが経営しています。

マスターの時と同じように、ピアノ伴奏してくれるし、日にちによってはハコバン経験のあるベーシスト、バーやイベントのサポートなどで演奏してるドラマー、現役ギター教室の講師を務めるギタリストなどが集いガチの生バンドバックに歌える日もあったりするのです(噂では金曜か土曜の晩が多いらしい)。

ここで刺激を受けて歌や楽器を覚えた人達の発表会みたいのもあったりして、なんだかとっても素敵な空間なんですよね。

これ一度行けば分かります。当然、社交場ですから大人のマナーは必要ですが、生バンドや生の伴奏で歌う楽しさは、やはり格別です。

その他のFULL HOUSE(フルハウス)の情報源はこちら:

お店のFacebook
お店のインスタ
ネットで見かけた少し古い記事

大昔から人類の日常には歌が、伴奏があったに違いない、なんてことを思ったりしてしまうのです。

また面白そうなお店を見つけたら追加していきます!

お探しものが見つからない場合はこちらもお試しください